田村石材のご案内
最新展示品の情報です
過去の建墓例、展示品情報
お墓のリフォーム
契約から建墓までの流れ
当社独自の耐震工法、etc
よくある質問と答え
TOPページ
地元関連やお墓に関するリンクなど
お墓や石の知識、歴史、家紋、字体など
安心確実なお墓づくり

お墓に使用される石はたいへん重く、風や人の手で動く事はありませんが
地震などによりお墓がずれたり、崩れたりする事があります。そこで当社で
はお墓に対する耐震、免震工法についても研究し、丈夫で長持ちなお墓づ
くりを目指しています。


◇当社の耐震工法

●アルミ製耐震金物

ハメジョイント(約50o×90o)
アルミ製の耐震金物。
石に石材用カッターで切込みを入れ、専用
接着剤を充填した後ハメジョイントを差し込
みます。24時間後には十分な実用強度が
えられます。

ハメジョイント施工例

ハメジョイント用エポキシ系接着剤↑
平成15年度からは、より強力で耐水
性、対候製に優れ、硬化時間の短い
アクリル系接着剤に切り替えています。


●墓石専用弾性接着剤

●墓石専用耐震接着剤ストーングリップ88
耐震工法特許済(第1986246号)の耐震弾性接着剤です。高強度の接着能力とともに弾性(やわらかさ)も兼ね備えているため、地震の揺れを逃がす免震効果にも優れています。

●強固な基礎工事
当社の基礎工事は「冬の凍結」及び「地震」による被害を防ぐ為に、他社に無いほど強固な基礎施工をしています。
まず、『根掘り』を80cmの深さでほります。(この際、区画番号と穴の深さを確認していただきます)お客様ご確認後、『切り込み砂利』を高さ30cmで敷き詰め『ジャンピングランマー』で突き固めます。墓所にあわせた『型枠』『カロート枠』等を据え付け生コンクリートを打設します。(生コン打設の際もご連絡いたしますのでお立会いいただけます)生コンは『呼び強度21』の高強度生コンをJIS工場より取り寄せています。十分な養生をした後、墓石を建立していきます。
※基礎工事の工程は写真撮影し、お墓の完成引渡し後お客様にお渡ししております。

※下の写真は上記のストーングリップのみを使用して行った、当社での墓石倒壊試験の模様です。


●鉄筋の使用
苫小牧の霊園では左右及び後方の基礎コンクリート(地下部分)は密接するため、基礎の引張り強度は比較的強いのですが、外柵は左右後方お互いに3cm離さなければならないので外柵内コンクリート(地上部分)の引張り強度に不安が残ります。そこで、当社では外柵の生コン打設の際には異型鉄筋(D-10)を配筋しています。


@根掘り(深さ80cm)

A基礎生コン打設後

B鉄筋配筋、外柵生コン打設前

C外柵生コン打設後

当社で施工いただいた墓石には、安心と信頼のこのステッカーが貼られています