田村石材のご案内
最新展示品の情報です
過去の建墓例、展示品情報
お墓のリフォーム
契約から建墓までの流れ
当社独自の耐震工法、etc
よくある質問と答え
TOPページ
地元関連やお墓に関するリンクなど
お墓や石の知識、歴史、家紋、字体など
お墓のリフォーム

永い年月、風雨にさらされるお墓ですから、色々な所がいたんでくるものです。
「花立が外れた」「文字の色が抜けてきた」「目地がはずれた」などの簡単なものから「お墓本体はそのままで、外柵を取り替えたい」「石がずれてきたので、お墓を組みなおしたい」といった工事まで、さまざまなお墓のリフォームを承っております。


リフォーム前
外柵は軟石のため風化が進んでいる状態。
雪見灯篭、墓誌、供物台も同様に風化が進んでいる。洋型本体のみ、そのまま使用。

リフォーム後
4u外柵を白御影石に取替え、角置き灯篭一対
墓誌一式、供物台一式、張り石仕上げ、花立、
ローソク立、香立、ステン金物取替え

●施工例

クリーニング、清掃 16,200円より
文字色入れ(一式) 10,800円より
目地修理(墓石用耐震コーキング) 一般的なお墓で約50,000円
(要見積り)
ローソク立て取替え(ステンレス製) 1対5,400円
ローソク立て取替えホヤ(風防ガラス)付 1対16,200円
香立て取替え(ステンレス製) 3,000円
追加彫り(墓誌1名) 37,800円
追加彫り(棹石1名) 54,000円〜
化粧玉砂利取替え(4u墓所) 10,800円
墓石の研磨(新品の光沢を取り戻したい) 150,000円より
外柵4u(工事費込み) 200,000円より
墓石の移転工事、解体撤去工事(墓じまい) 1u:100,000円程度から
要見積り
灯篭一式 60,000円より
地蔵一式 50,000円より
墓誌(白御影石) 108,000円より
花立て取替え(ステンレス) 12,960円より

参考価格:¥650,000円―工事費含む


◆お墓のリフォーム価格表◆(税込)

耐震リフォーム
地震によるお墓の倒壊被害は日本全国どこでも起こる可能性があります。
お墓は大変高価であり、修復にも多大な費用がかかります。
また何よりも、大切なご先祖様が眠るお墓が倒れてしまうということは絶対に
避けたいものです。

既存のお墓にも、耐震・免震施工の可能な方法があります。
エアーダンパー工法
エアーダンパー工法
エアーダンパー工法

ステンレスワイヤー入りの免震ピンと精密加工された
真鍮カバーを石材接地面に挿入接着し、ワイヤーとエ
アーダンパーによって免震効果を上げる工法。
三次元振動台における耐震実験では、震度6強の地震
でも、倒壊を免れる事ができました。
もちろん、既存のお墓に取り付ける事も可能で、下記の
耐震ボンド工法、金具補強工法と組み合わせる事で更
なる耐震効果も期待できます。
(石種・形状により、対応できない場合があります)

エアーダンパー本体

当社での通常工事において使用される「墓石専用耐震接着剤ストーングリップ88」で施工する工法。
リフォームの必要な古い墓石においては、目地や石材同士の接着面に※注「モルタル」「シリコンコーキ
ング」「エポキシ系接着剤」
が使用されており、それらを除去、洗浄した後に耐久性、耐候性に優れた「スト
ーングリップ」で再度施工し直します。耐震性に優れ、免震効果の高い工法です。

※ モルタル・・・接着能力が低く、経年変化により「ひび割れ」「剥がれ」が生じやすい。
   シリコンコーキング・・・ある程度の接着能力はあるが墓石専用ではない為、強度不足の恐れがある。
   エポキシ系接着剤・・・強度はあるが、柔軟性が無く衝撃に弱い。水に溶けるという事例も報告される。

当社での通常工事において使用される「アルミ製耐震金物」および「超耐震墓石」に使用する「ステン
レス製L型金物」で補強する工法。
主に、古い墓石の外柵内側部分や、和型墓石本体の中台(4つ組みの物)や芝台で使用します。
上記の「耐震ボンド工法」と合せて施工します。


※上記は苫小牧高丘霊園、高丘第2霊園の価格です。 その他地方につきましては別途出張料金がかかります。
※リフォームに関しては実際に現地を確認してからのお見積りとなります。