田村石材のご案内
最新展示品の情報です
過去の建墓例、展示品情報
お墓のリフォーム
契約から建墓までの流れ
当社独自の耐震工法、etc
よくある質問と答え
TOPページ
地元関連やお墓に関するリンクなど
お墓や石の知識、歴史、家紋、字体など
日本人のお墓の原点『五輪塔』

現在、一般的に「和型墓石」とよばれる角柱墓石は江戸時代後期から明治時代にかけて造立されはじめました。それ以前にも在りましたが、この時代に数多く建立されたようです。この角柱墓の起源は諸説あり、『位牌』が原点という説が有力ですが他にも『板碑』(いたび・・頭を三角にした扁平の石の正面に種字等を刻んだもの)や『碑伝』(ひで・・山伏・修験の口伝・秘伝に関わるもので一般的に知られていませんが山伏が庶民の葬墓に関わりだしてから墓石・供養塔としてたてられたもの)等の説もあります。

この角柱墓があらわれるずっと以前に五輪塔が生まれています。平安末期から鎌倉初期のころの墓地の景観を示す餓鬼草紙の中にはすでに五輪塔が描かれています。
一般的に五輪塔は地・
水・火・風・空の宇宙をあらわす五大の要素を五輪にかたどったもので、供養塔として建立するといわれています。しかし、五輪塔の歴史をさかのぼりそのルーツをたどっていくと色々な側面が見えてきます。

平安時代末期に亡くなった真言宗中興の祖と呼ばれた「覚鑁(かくばん)上人」は五輪塔を生む原理・理論をしるした『五輪九字明秘密釈』という代表作を残しています。
覚鑁はその中で、真言密教の「即身成仏思想」と浄土教の「極楽往生思想」の同一性を唱えました。
密教の最終目的は即身成仏です。真言宗開祖の空海は「即身成仏儀」において、本来私達にはすべて、宇宙と同じ六大・三密・四曼が備わっており、必ず即身成仏できると説いています。しかし、煩悩という迷いでそれらを正しく捉えられないため、三密という修行をしなければなりません。三密を正しく実践するためには密教独自の宇宙感である六大・四曼が必要になります。

地大・水大・火大・風大・空大の五大に、その性質を見る主体である識大を加えたのが六大です。識大と五大の二つを大日如来の世界として表現した曼荼羅が四種類あり、それを四曼といいます。五大(理)の世界をあらわす胎蔵界曼荼羅、識大(智)の世界をあらわす金剛界曼荼羅の二つは一対で大日如来の世界が成立するので「両界曼荼羅」といわれます。胎蔵界曼荼羅には大日如来を中心に阿弥陀仏が描かれており、即身成仏とともに浄土往生(阿弥陀仏の働き)が大日如来の働きであることがわかります

手に印を結ぶ印契(いんげい)を『身密(しんみつ)』、口で真言・陀羅尼(だらに)をとなえる『口密(くみつ)』、心を集中し三摩地(さんまじ)の境地に入らせる『意密(いみつ)』の三つを三密といいます。修行者は本尊の前で坐禅をし、手で印契を結び、口に真言を唱え、心を集中させて、三密を行じることでことで本尊大日如来と一つになることを「即身成仏」といいます。しかし、三密の行は修行者だけでは出来ません。修行者の行と同時に、仏の力とが加わることによってはじめて成立し、それを『加持(かじ)』といいます。

 覚鑁はこれらの内容をふまえて先述の著書「五輪九字明秘密釈」に『五輪塔図』を描きました。この五輪塔図では両界の大日如来が三摩地(坐禅)している意密をあらわし、同時に胎蔵界大日の定印(じょういん)と金剛界大日の智印の二つの結ばれた印契によって身密を、さらに五大の梵字(ア・バ・ラ・カ・キャ)がある事で口密をあらわしています。
これは三密加持行のすべてを実践していることになります。つまり、五輪塔は即身成仏を完成した姿であり、さらに阿弥陀仏の働きは大日如来の働きでもあることから浄土へ往生できるということです。

この五輪塔が納骨器として、やがてはお墓として広く永年にわたって普及し親しまれている理由がここにあります。
『五輪塔のお墓を建てると特別な修行をしなくても仏様になれて、浄土へ往生できる』

現在では墓相が、五輪塔と関わりの深いイメージにありますが、五輪塔本来の意味・原点・歴史をみていくとその在り方は「供養塔」としてだけではなく、お骨をおさめる「お墓」の意味合いが強いことがわかります。

五輪塔を建立し供養することで、功徳を積む。その功徳を亡き人の幸せ(浄土往生)のために回向する。亡き人はそれにこたえてあなたを幸せにしてくれる。これが五輪塔の、そしてお墓の意味であると考えます。


参考書籍   ・日本人のお墓     日本石材産業協会発行